• 公演名:FANTER-G presents★「ALPHABAT×9HOLIC LIVE PROMOTION」
• 主 催 : FANTERS JAPAN
• 企 画 / 制 作 : Five Close Entertainment
• 協 力 : SIMTONG Entertainment, BOY LONDON,
eKOREA, CLUB PICCADILLY

2/13(金)
19:00(18:30開場) CLUB JOULE
¥3900(税込)

2/14(土)
1回目公演 13:30(13:00開場)/
2回目公演 18:30(18:00開場)
南堀江ビレボア
¥4500(税込)

2/17(火)
19:00(18:30開場) CLUB PICCADILLY 梅田
¥3900(税込)

2/21(土)
18:00(17:30開場) AGEHA OSAKA
¥3900(税込)

2/22(日)
1回公演 13:00(12:30開場)/
2回公演 18:00(17:30開場)
南堀江ビレボア
¥4500(税込)

★当イベントに関するお問い合わせは、下記までお願いいたします。
■ TEL : 080-5789-5241 (受付時間13:00~16:00)
■ MAIL : fiveclose@gmail.com

AlphaBATという9人組のボーイズグループがデビューするという噂を聞き、ポータルサイトで「AlphaBAT」という名前を検索してみた。
しかし、検索の結果出てきたのはボーイズグループのAlphaBATではなく、英語のアルファベットだった。
2013年11月に「AB City」でデビューしたAlphaBATは、錚々たるアイドルグループとの競争だけではなく、誰もが知る英文字とも戦わなければならなかった。
しかし、彼らは「AlphaBATという名前にしなければならない理由があった」と意志を示した。
AからZまで、無数の単語が表すように彼らのカラーもそれだけ多様だ。
「AB City」「サプライズパーティ」「Always」、そして新曲「タンタラ(Ddan Dda La)」など、毎回異なるスタイルの曲で人々を魅了している。
特に「タンタラ」はテロリストのコンセプトというAlphaBATの強烈なイメージと、
警棒を利用したカル群舞(体を曲げる角度から指先まで完璧な刃物のように合わせるダンス)や“懐中電灯ダンス”で注目を集めている。
そして9人が一緒に作詞・作曲をするなど音楽的な実力も備えており、彼らに注目が集まっている。まさに今後の活動が期待されるグループだ。